第8回未来エレベーターコンテスト2014【学生限定】

【概要】建物の高層化や都市のユニバーサル・デザイン化が進み、エレベーターやエスカレーターは、ビルやマンションなど建物内交通の領域を越え、社会インフラの一部になっています。これまで東芝エレベータは、広報誌『FUTURE DESIGN』で、安全で快適な未来のエレベーターやエスカレーターの形を読者の皆さまにご提案してきました。
その学生版として誕生した「未来エレベーターコンテスト」は、今回で8回目を迎えます。「未来エレベーターコンテスト」では毎年テーマを掲げ、そのテーマに沿ったアイデアを学生の皆さまから募集してきましたが、今年は「地域を活性化する、社会に優しい未来の建築と交通」をテーマに設定しました(詳しくは応募要項を参照してください)。
日本は今後、高齢化と人口の減少がますます進展し、約20年後の2035年には、日本人の3人に1人が65歳以上の高齢者になると予想されています。こうした人口構造の変化は地域社会に様々な影響を及ぼすと考えられており、それを解決するためには何をしたらいいのか、現在、全国の至るところで議論されているのが実情です。
ただし、今後直面するであろう課題は地域によって異なります。今回は、こうした課題を皆さんに見据えていただき、その解決と地域の活性化に寄与する、社会にも優しい未来の建築と交通システムに関するアイデアを募集します。

【賞】

賞・賞金

  • 最優秀賞:50万円(1作品)
  • 優秀賞:20万円(1作品)
  • 審査員賞:10万円(3作品)

副賞

  • 賞状・盾
  • 東芝エレベータ府中工場見学ご招待

【応募資格】大学および大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校の在学生

【締め切り】2014年9月30日(当日消印・宅配受付有効)

【結果発表】11月上旬に審査を行い、受賞作品を決定します。
また、受賞作品は『FUTURE DESIGN』41号(2015年2月28日発行予定)の特集で紹介します。
審査の結果は事務局より入賞者に通知するとともに、『FUTURE DESIGN』41号、および東芝エレベータのWebサイト上にて発表します。

【詳しくはこちらまで】http://www.toshiba-elevator.co.jp/elv/newsnavi/volumes/contest/index.html